朝起きれない お酒

寝る前にお酒を飲む。

よく寝酒って言いますよね。眠れないからチョット一杯みたいな感じで。。。

 

私の場合はそんなもんじゃなくかなりガッツリ飲んだりしていました(^_^;)かなりお好きなもので。。。

 

確かにお酒を飲むと眠たくはなるんですが、睡眠にとっては「絶対にダメ」と言えるほど良くないものなんですね。

 

その理由は3つほどあります。

 

【理由1】毒が刺激

 

まず一つ目が摂取したアルコールは数時間経つとアルデヒドという毒に変わるんですね。これが厄介なもので普通なら起きている時に働く交感神経というものを刺激して体温を上げてしまうんです。寝ていても起きている状態。いわゆる覚醒してしまうんですね。だから、十分な睡眠を摂ることができなくなってしまうんです。

 

【理由2】尿意

 

そして二つ目が利尿作用。普通、人が寝ている時は抗利尿ホルモンというものが働いて日中の四分の一程しか尿が作られないのですが、アルコールをとるとその機能が働かなくなるんですね。それによってどんどんオシッコが作られて尿意で目が覚めてしまうことになってしまうんです。これじゃー熟睡なんて程遠いものになってしまいますよね。

 

【理由3】いびき

 

そして最後がアルコールによって「いびき」を発生させてしまうことなんですね。
いびきは酸素をうまく取り込めない状態なのでどうしても質の良い睡眠を摂ることはできません。

 

なぜアルコールがイビキを発生させるかというとアルコールによって舌の筋肉が麻痺状態になるため舌がのどに落ち込みやすくなってしまうことによるんです。

 

まとめ

 

このように寝る前のお酒は体温を下げる作用により眠気を起こすので、寝酒をたしなむ方も多いのですが、睡眠の質を大きく下げるので朝しっかり起きるためには絶対に止めるべき行動なんです。

 

寝る前の一杯は美味しかったりするのでちょっと厄介なんですが「朝起きるための理由」をよく考えてできるだけ止めるようにしなきゃいけないんですね。。

朝起きれる「休息成分とは?」

夢しずく