朝起きれない 食事

寝る直前に食事を摂っている

食事

寝る前に食事を摂ることも睡眠の妨げになりますね。その理由は今から休むはずだった胃や腸が食べ物を摂り入れることで活発に動き始めるからです。

 

そして胃や腸を動かすのも脳の指示があってこそ。だから、脳を休ませることが睡眠の最大の目的なのにそれが阻害されてしまいますね。

 

しかし、夜寝る前に食事を摂ることは仕事の問題なのでどうしても起こりうることです。私も毎晩どんなに急いでも帰宅するのは21時半過ぎ。寝る前に食事を摂ることはしょうがないことになっています。1人暮らしの人ならコンビニ弁当を買ってきて食べながらそのまま寝てしまうっていうことも多いですよね。

 

あらゆる睡眠本を読んでも「寝る3時間前までには夕食を済ませましょう」などと書いてありますが、大抵の方は難しい問題です。

 

でもここで「私には無理」とあきらめていては快眠を得られず「朝起きれない」という悩みは消えることはありません。
詳しくはコチラでお伝えしていますが、寝る前は「あまり食べない」もしくは「消化によい物を食べる」といった工夫で睡眠に負担をかけないで済むようになります。

 

こうすると快眠効果があらわれるだけでなく、お腹が空くことによって朝食がとても美味しく感じられる効果が出てとても良いですよ。

 

美味しい朝食をはやく食べたいという「朝起きる目的」も増えるのでさらに起きやすくなります。


朝起きれる「休息成分とは?」

夢しずく