朝起きれない 目覚まし時計

目覚まし時計は何が一番ベスト?

朝起きる手段として「必修」と言えるのが目覚まし時計ですよね。
今や目覚まし時計と言ってもさまざまなものが発売されています。

 

音によるものや光によるもの、そして睡眠リズムを感知するもの。私もいろいろ試しましたが、自分の性格や環境に合わなかったりするものも多かったです。チョット批判的なこともお伝えしますがあくまでも「私の場合は」ってことなので参考程度にみてもらえたらいいと思います。

 

爆音目覚まし時計はどう?

 

目覚ましは音で起きるというのが基本ですが、その中でもまさに「爆音」を鳴らして起こしてくれるのがこの
「PYXIS(ピクシス)目覚まし時計スーパーライデンデジタル電波時計」です。チョット名前が長すぎ(笑)

 

スーパーライデン

 

この目覚ましは本当に爆音です。音量の調節が3段階あるのですが最小音量でも「爆音」。
その威力は火災報知器が発砲する以上じゃないかと思えるほどです。

 

その音量を動画にて確認してみてください↓↓

 

スーパーライデン音量(小)バージョン

 

 

スーパーライデン音量(大)バージョン

 

 

これなら、どんだけ深い睡眠に入っていて「何ごとだ!」といった感じで起こしてくれます。

 

ただ、この音が爆音すぎるため、結局すぐに使うのをやめてしまいました。

 

その理由は

  1. 4人家族一緒のベッドで寝ているため、妻に「もう止めて」と言われてしまった。
  2. 爆音すぎるので目覚ましが鳴るのを恐怖に感じてしまった。
  3. 音で起きるが結局すぐに音を消して二度寝してしまっていた。

 

3つ目の理由は私の意思のなさだけのことですが、1番目と2番目の理由はこの目覚まし時計のデメリットということになると思います。

 

1番目のことは怒られるに決まってますよね。家族よりもあとに起きるなら問題ないですが、仕事上どうしても私が一番に起きなきゃいけないので家族に爆音を聞かしてしまう迷惑をかけてしまうのは当然です。
2番目については爆音の恐怖というより、「爆音が鳴ったらすぐに止めないと嫁に怒られる!」という恐怖だったかもしれません(笑)

 

とにかくこの目覚ましを使うことで朝がスッキリどころか苦痛になってしまいました。

 

でも、この目覚まし時計。。私には合わなかったんですが、使う人やその人の状況によって効果を発揮することは間違いないです。

 

この目覚まし時計が向いている人を挙げてみると

 

  • 普通の目覚まし時計では全く耳に入らず起きれない人
  • 一人暮らし、もしくは自分一人で寝る部屋がある人
  • 睡眠時間が少ししか取れなくて朝起きれるかどうか心配な人
  • どうしても起きなきゃいけない用事があるのに起きれない人

 

こういった方にはオススメできる目覚まし時計だと思います。

 

ちなみに、この目覚まし時計の有効的な使い方はベッドから離れた場所に置いておくこと。こうすればベッドから這い出して音を消さねばならないので2度寝を防止することができます(^_^)

 

お届けはAmazonが最速です↓↓

PYXIS (ピクシス) 目覚まし時計 スーパーライデン デジタル 電波時計 大音量 NR523K新品価格
¥3,480から
(2015/3/4 10:41時点)

光目覚まし時計どう?

 

音で起きるのが苦痛という人は多いですよね。
それに対して、朝の太陽の光が自然と顔にあたり目覚めさしてくれる。そんなリゾート地での朝のような光景って想像しただけでも起きれそうですよね。

 

それを自宅で可能にしたものが光で起こす目覚まし時計です。

 

私が購入したものはこちらの「オキロー」というもの。

 

オキロー

 

設定した起床時間に近づくと徐々に明るくなり最後にアラームがなります。この光は太陽光とほぼ同じ明るさなので、まぶたの上からも光の刺激を感じ取ることができます。まさに自然の光で起きれるっといったものなんですね。

 

ちなみに朝に太陽光を浴びると体内時計というものがリセットされて体が正常に働くようになるんです。だから光で起きることは人間の体にとってとてもいいことなんですね。

 

私もそう期待して購入したんですが、私の場合、この目覚ましを有効に使うことができませんでした。

 

その理由は、

 

  • うつ伏せに寝るので、光が放たれていても浴びれていない。
  • 仰向けに寝ようと試みたけど逆に寝れなくなった。
  • 爆音目覚まし時計と同様、「早く電気消して」と妻に怒られた(^_^;)
  • アラームが鳴ったら光に目を向けるようにすればと思いやろうとしたが、アラームを消してすぐ布団にもぐりこみ二度寝してしまった。

 

などなど。。。。高いお金を払って購入した目覚まし時計でしたが私にとって全くの宝の持ち腐れになってしまいました。

 

もちろんこの時計が悪いわけではありません。全て自分の意思や癖、環境によるものです。

 

ただ私の体験上、

 

  • うつ伏せで寝るのが習慣づいている人
  • 家族と一緒に寝ている人

 

には向かないと思います。

 

逆に

 

  • 仰向けで寝る人
  • 一人暮らし、もしくは自分一人の寝室がある人
  • 音で起きるのが苦痛なので光で起きたいと考えている人

 

にはとても理想的な目覚まし時計だと思います。

 

あと今までのオキローは、

 

  • 物自体がかなり大きくて置き場所に困る
  • デザインがイマイチでインテリア的にどう?

 

といった欠点があったのですが、2015年にフルモデルチェンジして「エナジーライトインティプレミアム目覚まし時計」
というものに生まれ変わったんですね。

 

インティ

 

これだと手のひらサイズですし、とてもオシャレ。そして機能的にもレベルアップしているんですね。

 

私としてはこれが出るまで買わなきゃ良かったorzと大後悔中であり、怒り爆発中です(爆)

 

逆に、今から光目覚まし時計を試してみたいという人は本当にラッキーだと思います。いきなりこんなオシャレでコンパクトな光目覚まし時計を手に入れることができるんですからね。

 

値段はかなりしますが、今だと全額返金保証付らしいので、一度失敗した私もこれならいけるかもと思案中ですw

 

睡眠リズム目覚まし時計はどう?

 

睡眠にはリズムがあって、深い睡眠の「ノンレム睡眠」と浅い睡眠の「レム睡眠」を約90分周期で繰り返すといわれています。

 

このリズムを感知して浅い睡眠時に起こしてくれるのが「睡眠サイクル計測時計」と言われているものなんですね。

 

今ではこのタイプの時計がさまざま売られていますが、私の購入したものは「スリープトラッカー」という腕時計タイプの目覚まし時計。

 

スリープトラッカー

 

これをして眠るわけですが、睡眠時の寝返りや動きを感知して設定した起床時間の30分前から浅い睡眠を探してアラームやバイブ機能で起こしてくれるわけです。

 

この時計はテレビなどでも多く紹介されてかなり人気になりましたね。

 

私も購入してしばらく使っていたのですが、確実に起きやすくなります。
そして慣れてくるとアラームが鳴るのが予測できるほど今睡眠が浅い感じがわかるようになってくるんですね。これには凄く驚きました。

 

「これほど良い目覚まし時計は無いな〜」っと実感していたのですが、ある事が起こりこの目覚ましを使うのを止めることとなったんですね。

 

そのあることとは、「無くしてしまった」ということです(T_T)

 

私は腕時計タイプということで夜だけでなく昼間も普通の腕時計として利用していたんですね。見かけもカッコいいし。

 

そしたらある飲み会の時、いつ外したか分からないほど飲み過ぎて朝気付くと腕時計がなくなっていたんです。

 

いろいろ探してはみたんですが、「結局見つからず。。。」

 

私にとっては高価なものなので再度買う気持ちにもなれず、結局この目覚ましを使用するのをあきらめてしまいました。

 

ゆえにこのスリープトラッカーを購入する際に気をつける点は、
寝る時だけに使用することをオススメします。

 

また、かなりの精密機械なので落としたりすることですぐに壊れることも多いようです。私が買った時よりはスリープトラッカーも何回かリニューアルされているのでその心配も少なくなったようですが、家だけで使用したほうが無難だと思います。

 

そうは言っても、デザインもカッコいいし、周りに見せびらかしたいから外に着けて出かけちゃうんですけどね(笑)

 

ちなみにスリープトラッカーを購入する際は正規代理店で購入しないと故障した場合の保障が効かないので気をつけてくださいね。その点、Amazonなら安心して購入出来ると思います。

 

[スリープトラッカー]Sleeptracker 腕時計 睡眠計測目覚まし時計 Sleeptracker PRO Black 【正規輸入品】:Amazon

 

スマホのアラーム機能はどう?

 

スマホのアラーム機能は最近になって機能的にもかなり充実してきていますよね。
スマホを目覚ましがわりに使っている人も多いのではないでしょうか?っというより目覚まし時計を使う人より多いかも。

 

私は今現在iPhone6を利用しているんですが、デフォルトでも10個の時間を設定できるので、目覚ましとして使う以外にも仕事で毎日やるtodoを知らせるために利用してたりしています。

 

このタイマー設定は毎日鳴るように設定できたり、曜日を指定して設定もできるので休みの日には鳴らないようにすることもできます。

 

私がやってみて一番良いと思っている使い方は、二度寝防止というか、二度寝をうまく利用して起きるというものなんです。

 

  1. まずは必ず起きる時間を設定
  2. 次に必ず起きる時間の10分前に設定
  3. そして必ず起きる時間の40分前に設定

 

という感じです。

 

私の場合だと

 

  1. 4:40(40分前)
  2. 5:10(10分前)
  3. 5:20(起きる時間)

iphone アラーム

 

という感じ。

 

この設定だと4:40には「まだ30分寝れる」。5:10には「あと10分寝れる」。そして5:20に「さあ起きよう」

 

というようにして二度寝とiPhoneのアラームを利用してかなり起きやすくなりました。

 

人によっては10分刻みにとか5分刻み、強者だと1分刻みで設定している人もいるようです(笑)

 

私も色々なパターンを試してみましたが、上にあげた使い方が一番自分にあっているようですね。

 

医学的にいうと「二度寝」はあまり体に良く無いようなんですが、どうしても一発で起きれない。絶対二度寝してしまうという人は一度試してみて欲しい工夫です。

 

目覚ましにミュージック流すのは?

 

ステレオのアラーム機能を利用して音楽を目覚ましがわりに使うのもいいものですよね。
ただしこれも選曲を間違えると二度寝してしまう原因になってしまいます。

 

「朝起きるために!」と激しいロック系の音楽をセットしてしまう方もいらっしゃると思いますが、「うるさい」と感じてしまう曲は逆にストレスと感じてしまい、「たたっ切って」二度寝してしまうことになってしまいます。

 

逆にバラード系の音楽を流しても、それが眠りを誘うものとなってしまつて音楽が流れているのにそのまま寝続けることになってしまいますw。

 

ではどんなミュージックが目覚ましに合っているかというと、私の経験からすると2つのパターンがあります。

 

まず1つ目が、モチベーションが高くなる音楽

 

誰でもこれを聴くと元気になる音楽があると思うんですよね。

 

古いものでいうと「ロッキーのテーマ」

 

 

映画「メジャーリーグ」でチャリー・シン演じるリッキーボーンが登板する際に流れる「ワイルドシンク」

 

 

フジテレビのF1テーマ曲に使われていたT-SQUAREの「TRUTH」

 

 

なんかが私は大好きです。すっごい朝からモチベーションが上がりますね。

 

とくにワイルドシンクは聴くだけで元気になりサビを叫んでしまう始末です(笑)
T-SQUAREの「TRUTH」はパチンコ屋さんのオープニングテーマによく使われいたのでパチンコ好きには最高かも。

 

日本の曲では、ミスチルの「終わりなき旅」とか「シーソーゲーム」「未来」。今でいうと「足音」なんかがいいですね。

 

 

あとゆずの「栄光の架け橋」とか"いきものがかり"の「心の花を咲かせよう」もいいです。
他にはNHKのオリンピックテーマ曲に使われていたものはけっこう使えると思います。

 

そして2つ目が「朝を感じさせる音楽」

 

朝聞こえると気持ちいい音楽というか音ってありますよね。
例えば小鳥のさえずりとか川のせせらぎとか。いわゆるヒーリングミュージックというものですが、こういう音を聴くと自然に朝が来たな感じることができるので自然に起きれるような感じで体にも良さそうです。

 

Amazonをみても小鳥のさえずりをまとめたCDってけっこうあります。それだけ需要が多いんでしょうね。

 

小鳥のさえずり

新品価格
¥1,443から
(2015/3/4 11:46時点)

 

あと、Amazonをみていたら小鳥のさえずりで起こしてくれる目覚まし時計もありました。いろんな小鳥のさえずりは聞けないでしょうがステレオなどを持っていない方にはオススメできますね。

 

SEIKO CLOCK(セイコークロック) アナログ目覚まし時計 メロディアラーム(小鳥のさえずり) ピンクNQ707P

新品価格
¥1,827から
(2015/3/4 11:47時点)

 

まとめ

 

このように朝目覚める音楽として2つのパターンを紹介しましたが、これはあくまでの私の主観で紹介しているので合わない方もいらっしゃると思います。一番は自分がこれなら「やる気が出そう」とか「気持ちよく起きれそう」というものを選んで試してみること。ただ気をつける点は、家族と一緒に寝ている場合は、2番目のヒーリングにしておいたほうが無難ですw

 

目覚ましにラジオを利用してみる

 

ラジオを目覚まし代わりに使うのもアリですね。
AMだけの話をいうと早朝はニュースなどの情報番組が主なので新聞をみる代わりになるから一石二鳥ですw

 

ちょっと起きるのが早すぎると演歌番組になってしまいますが。。(笑)私の起きる時間ぐらいだと生島ヒロシさんの「おはよう一直線」がやっていますね。

 

生島さんのしゃべりはとても聴きやすくてとても好きです。政治的な話も偏ったところが無いのが好き。

 

あとけっこう有名なゲストとかも来たりするので朝から学べることがたくさんあります。番組内の健康一直線などはためになる医学的な話も聴けるので録音しておきたいと思ってしまうぐらいです。

 

あといつも気になるのが月別の占いですね。占いってあまり信じないほうですが、やっぱり気になります。自分の月が星三つだとやっぱり朝からテンション上がりますからね。星一つだとそのまま二度寝してしまうかもしれませんが。。。w

 

チョット、私的な話になってしまいましたが、ラジオを目覚ましがわりにするのはアラームなどと違ってワンパターンな感じにならないのがいいと思います。毎日いろんなニュースがありますからね。聞き入ることで頭もしっかり起きれると思いますよ。

 

まとめ

 

ここまで目覚まし時計についていろいろ紹介してきましたが、人によって目覚ましも合っているものや合っていないものがあると思います。

 

あとは家族と一緒に寝ているか一人で寝ているかによっても選ぶ目覚ましは変わってくると思いますね。

 

私の場合、とにかく「これなら起きれるかも!」という勢いで家族のことを考えずに購入してしまうものですから、良い目覚ましでも結局「使えない」ということが多々ありました(^_^;)

 

一人で寝ている人はどれも試すことができると思いますが、そうで無い場合は隣に寝ている人に迷惑がかからないものから選ぶ必要がありますね。

 

あと、ショッキングなことをいうとどんなに良い目覚ましでも「スッキリ起きれる状態」でなければ効果はないと思います。
たたっ切って二度寝するだけですね。そういう意味で目覚ましはあくまでもちょっとした手助けでしかありません。

 

朝スッキリ目覚めるためには寝る前に睡眠の質を高めることが一番大事。それができてこそ目覚まし時計が活きてくるというものだと思いますよ。

 

朝起きれる「休息成分とは?」

夢しずく