電話をかけるところから面接が始まっていることを知っておきましょう!

スポンサードリンク

ここに面接に行こうと決めて、みなさん電話を手にするかと思いますが、電話をかけたときから面接がはじまることを知っておく必要があります。

わたしの会社でもやっていることですが、電話の受け答え、声のトーンなどで電話を取ったものに5段階で採点させるようにしています。

最悪な場合は、丁寧に「申し訳ございませんが、募集は先ほど終了させていただきました」と終了していないのにその場でお断りする場合があります。

募集する側も、忙しいわけですから、ろくに電話の受け答えもできない人とは面接したくないのです。だから、簡単に電話をかけず、ちゃんと受け答えの練習をしてから電話をかけるべきです。

とくに学生の方々は電話のマナーなどを学んだことがない場合が多いので、練習は必須です!「あの〜○○見たんですけど〜」みたいなことを平気で言ってしまわないためにも以下のマナーは習得して電話をするようにしてください。

面接に応募する際の電話マナー

以下に基本的な電話の受け答えです。何度も口ずさんで練習しておきましょう!

自分:「求人広告で御社の広告を拝見しました○○と申します。恐れ入りますが、採用担当の方をお願いできますでしょうか?」

お店:「はい、少々お待ちください」

自分:「○○と申します。求人広告を拝見し、御社で募集している○○(職種名)に応募したくご連絡を差し上げました。」

お店:「ご応募ありがとうございます。では、面接の日程を決めたいと思います。○月○日の○時はいかがでしょうか?」

自分:「はい、それでは○月○日の○時にお伺いいたします。よろしくお願いいたします。お忙しいところありがとうございました。」
相手が電話を切るのを確認してから切る



以上が面接応募の基本マナーです。かしこまりすぎているかもしれませんが、これぐらいは言って欲しいものです。

出だしの部分は
「募集広告を拝見してお電話させていただきました○○と申します。面接希望なのですが、採用担当の方をお願いできますでしょうか?」
と言ってもいいでしょう。出始めに「お忙しいところ恐れ入りますが」と付け加えるのも好印象につながります。

とにかく大事なのが、求人の応募だということを明確に伝えることと、まず、自分の名を名乗ることです。あとはこの例を声に出して練習しておきましょう。

また、言われた面接の都合が悪い場合は
「申し訳ございません。○日は都合が付きませんので、勝手なお願いで恐縮ですが別の日にしていただけないでしょうか?」
といえるようにしておきましょう。

また、相手側から「いつなら大丈夫ですか?」と問われた場合、「○月○日でお願いできますでしょうか?」と応えましょう。

電話する際の準備

電話をする際は、なるべく携帯電話はさけ、自宅の電話から連絡するようにしましょう。電波状況により悪印象を与える場合があります。

やむえなく、携帯から電話する場合は「携帯電話からのご連絡で申し訳ございませんが」と前もって言っておくと無難です。

また、電話でいきなり、ちょっとした面接が始まる場合があります。私の会社でもそうですが、そのためにも以下の準備はしておきましょう。

・希望する仕事内容・勤務地・勤務時間を決めておきましょう。
・面接の日時をスムーズに決められるよう自分のスケジュールを確認しておきましょう。
・志望動機を簡潔に応えられるようにしておきましょう。
・質問したいことをメモしておきましょう。
・メモの準備をしておきましょう。



また、電話する際のマナーとして当然ですが、求人広告の勤務時間を参考に、お店のいそがしそうな時間帯に電話するのは避けましょう(飲食店なら昼食時、夕食時など)

周囲が騒がしいところから電話するのも厳禁です!


スポンサードリンク